銀座のバー

銀座のいきつけのバー

わたしには、銀座にお気に入りのダイニングバーがあります。
バーというものは、常連になると心地よいものがあるんですよね。
ほっと落ち着くカウンターに腰掛け、気さくなマスターや常連さん、一見さんと自然に会話になる。大人の社交の場所であるし、憩いの場所でもあります。

 

また、この銀座のバーはお食事が美味しい美味しい。
築地から毎日仕入れたぷりぷり新鮮な活け〆魚に、おしゃれに盛り付けられた滋味たっぷりな国産野菜料理。はたまた赤提灯の居酒屋的なもつ煮込みや焼き鳥にさっくさくの串揚げ、ハムカツ。

 

本日のつきだし三種は、黒糖そら豆に、ゴーヤとキュウリのマスター特製和え物。
ゴーヤの苦さで、焼酎も進みますね。

 

このバーは焼酎も充実しております。赤霧島、あやかし福助、
面白い焼酎がたくさん置いてあるバーなのですよ。
また、こだわりの美味しいメニューは多彩な種類があり、定番のみならず、日替わりや季節メニューもあり、みな美味しいので、ついつい迷ってしまうくらいなのです。
和気藹々とした行きつけのバーの雰囲気に、美味しいこだわり料理とお酒。
今宵も酔っ払えるわたしは幸せでございます。

地元で一人バー・デビュー

 

一人で銀座のバーに行くのって、どうしてあんなに勇気のいるものなんでしょうか! 

 

外食するときやお酒を飲むときはいつも友達と一緒なので、一人でいると何をしていいのかわからなくなってしまうんですよね。カウンターでお酒を飲む、というのも慣れていないですし、マスターと何か話さなくちゃいけないんだろうか、とか色々なことを心配してしまうんです。

 

銀座 バー

 

私が住んでいるのはつくばEX沿いの小さな街なので、飲食店は都心ほどたくさんあるわけではありません。それでも、駅から家までの間にちょっとだけ雰囲気のいいバーがあって前から気になっていたんです。

 

大学に通っているときからずっとその銀座のバーはあったのですが、なかなか踏み切れず、ですがついこの前、社会人になったのを記念して初一人バー・デビューを果たしました!
ちょっと薄暗い店内は外から見たよりもずっと広くて、私が密かに恐れていた圧迫感は全然感じませんでした。メニューを渡されて迷っていると、マスターがすぐに声をかけてくれました。何かカクテルの好みを聞いてくれるのかと思ったら、なんとそこはワインに強いバーで、ニュージーランドのワインを薦めてくれました。私がワインに目覚めるきっかけになったのはこのバーの影響です。"

 

tシャツ